Swing Band TAKETOYO
<< How High The Moon | main | Just Friends >>

It's a Shame

夏の暑さに身を任せ、
一夜限りの恋がしたい。

どうも、SBTの恋の爆弾。
早川です。

バンドをやっていると残念なことがあります。
それは何か?
それは当初の目的が達成できないことです。

僕が初めてバンドを組んだのは高校生のころ。
バンドをやり始めてから10年を超えました。
しかし、いまだに当初の目的は達成できていません。

思春期の男子がバンドをやり始める理由。
皆さんお気付きでしょうか?

そう、女の子にモテたいからです。

SBTの男子諸君がバンドを始めた理由は聞いたことがありませんが、
9割方、女の子にモテたいからでしょう。



僕の高校では、体育祭&文化祭をきっかけに付き合い始める男女が非常に多かったです。
特に恋の生まれる確率が高かったのは、
体育祭の応援合戦の練習と、
文化祭のクラスの出し物の準備。

僕もその一員になりたかったのですが、
そこは思春期男子特有の素直じゃなさが爆発。
体育祭の応援合戦の練習は一切参加せず、
クラスの出し物にいたっては女子の反発を押し切り、
男子ウケしかしないような出し物を決行。
モテるはずがありません。


気が付けば、体育祭と文化祭は過ぎ、
周りはピンク色。
目ぼしい女子には大体、お相手がいます。
残念にも程があります。

来年こそは、こんな思いはしない。
そう固く心に誓った高校1年の秋。

しかし、そこは思春期。
なかなか素直になれません。
何てったって思春期の男子は、この世の中で一番プライドが高い存在です。
今更、どのツラ下げて体育祭&文化祭に混ざれというのでしょう。

その時、ひとつのことを思い出しました。
「そういえば、文化祭でバンドやってた先輩モテてたな」
ということ。

そうと決まれば、来年の文化祭に向けて準備あるのみです。
イケメンを見つけ、ボーカルを頼み、
楽器の経験者を募る。
そして僕は経験者の少ないドラムを選び、まんまとバンド結成。
高校生の純粋な「モテたい」という気持ちから生まれた、
極めて不純な動機のバンドが誕生です。

そして意気揚々と臨んだ高校2年の文化祭。
ボーカル・ギター・ベース・ドラムの4人組バンド。
あの時の僕らのグルーヴは、
他のバンドのそれを凌駕していた。

揺れる講堂、
熱さを増す心、
高まる声援。
あの時の僕らは最高に輝いていた。

そして、文化祭が終わった。
ボーカル・ギター・ベースの3人に彼女ができた。






そんなこんなでバンドをやり始めてから10年あまり。
いまだに目的は達成できてはいませんが、
演奏だけは続けています。

SBTの男子諸君。
僕の見立てでは、彼らもどうやら目的を達成できてはいないようです。
残念な集団です。

しかし、
バンドをやったからといってモテるわけではない、と悟った後も、
変わらず演奏は続けている。

当初の不純な目的は達成できなくても、
演奏を続けている、
純粋に音楽が好きな奴らの集まりです。


そんな、モテはしないが音楽をこよなく愛するSBT。
定期公演で会いましょう。

 

at 20:52, えすびーてぃーぶらざーず, 活動日記

comments(2), -, - -

comment
ばんます, 2013/08/19 5:07 PM

ふっ、俺はもてたよ。

早川, 2013/08/20 11:05 PM

ぬけがけは許しませんよ!